(確認事項)このMASAa.netには【広告】【PR記事】が掲載されています。MASAa.netご利用の方はプライバシーポリシーをご確認下さい。
PC関連ハードウェア・自作PC

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!
この記事は約6分で読めます。

【広告】

※ 本ページには【広告】が含まれています

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

「REALFORCE R3 キーボード ハイブリッド テンキーレス 30g 日本語配列 ホワイト R3HC23」の付属USBケーブルの代わりに、Amazon.co.jpで購入した「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」を使用しています。

EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル 購入
キーボードにもう少しアクセントが欲しいと言うことで、キーボードで使用するコイル状のUSBケーブル『EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル グリーン』をAmazonプライムデーで購入してみました。

この「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」は、品質が高くグリーンの色も気に入っているのですが、USB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの直線が長いため、キーボード本体を手前に設置する必要があります。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

キーボード本体を奧に設置すると折角のコイルケーブルがディスプレイ裏側に隠れる格好になってしまいます。

これまでUSB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの直線が短いメカニカルキーボードケーブルを探していたのですが、なかなか見つけることができていません。

「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」よりも、USB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの直線が短いメカニカルキーボードケーブルをAliExpress.comで発見しました。

4,000円を超える価格だったので躊躇していたのですが、別のページで同じモノが限定セールとして2,000円台で販売されていたので購入してみました。

以下、『LANO メカニカルキーボードケーブル』とします。

LANO メカニカルキーボードケーブルについて

『LANO メカニカルキーボードケーブル』の特徴は、

  • ロックキャッチ付き航空コネクタは、安定して落下し難いように設計されています。
  • 二層メッシュデザインで、簡単に外れることなく繰り返しの差し込みを行っても長寿命。
  • すべてのUSB Type-Cインターフェースデバイスに適用されます。
  • 熱収縮チューブUSB Type-C端子は、柔軟で薄くて小さく、いくつかの特別な狭いプラグ領域のキーボードに適しています。
  • メカニカルキーボー/ゲームキーボード用

となっています。

『LANO メカニカルキーボードケーブル』の製品仕様は下記の通りです。

LANO メカニカルキーボードケーブル 製品仕様
製品名 USB Keyboard Cable(USBキーボードケーブル)
型式 LANO-GX16
定格電圧 5V-12V
定格電流 500mA
CE ID POCE220621039YCE
FCC ID POCE220621040MCE
ROHS ID POCE220621041JCR
CA65 ID POCE220621042KRS
メーカー Dongguan LANO Electronic Co.,Ltd(東莞LANO電子有限公司)
生産国 MADE IN CHINA

LANO メカニカルキーボードケーブル パッケージ

AliExpress.comから『LANO メカニカルキーボードケーブル』が届きました。

『LANO メカニカルキーボードケーブル』のパッケージです。

『LANO メカニカルキーボードケーブル』は専用ケースに収納さています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

その専用ケースはしっかりと作られたケースで、内部をしっかりと守ることができます。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

専用ケースの中央には、【LANO】のロゴマークが描かれています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

専用ケースは、ハンドストラップ付きです。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

専用ケースを空けた状態です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

下側には、コイルケーブルが収納されています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

上側には、ストレートケーブルが収納されています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

なお、パッケージ内容は、メカニカルキーボードケーブル(コイルケーブルとストレートケーブル)のみとなります。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルをチェックする

『LANO メカニカルキーボードケーブル』をチェックしていきます。

『LANO メカニカルキーボードケーブル』は、20色がラインナップされており、今回購入した色は「グレー&ローズ」です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

コイルケーブル側です。コイルケーブルの横幅は18cmです。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

ストレートケーブルと接続する端子側です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

端子の色はローズで、素材は金属製となっています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

キーボード本体と接続するUSB Type-C端子側です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

端子部分の色は白となります。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

気になるUSB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの長さを計測したところ、約80.5mmでした。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

コイルケーブルの色はグレーです。

グレーと言ってもシルバーに近い派手なグレーと言った印象です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

コイルの処理も均一で綺麗に加工されています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

ストレートケーブル側です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

ストレートケーブルの色もコイルケーブル同様シルバーに違いグレーとなっています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

コイルケーブルと接続する端子側です。

その端子の色はローズで、素材は金属製となっています。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

USB Type-A端子です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

コイルケーブルとストレートケーブルを接続してみました。

しっかりと結合することができており、自然と外れることは無いでしょう。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

これまで使ってきた「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」と『LANO メカニカルキーボードケーブル』の比較してみました。

「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」の横幅の長さが15cm、『LANO メカニカルキーボードケーブル』の横幅の長さが18cmと、3cm程『LANO メカニカルキーボードケーブル』が長くなっています。

期待していたUSB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの長さは、かなり短くなりました。

なお、これまで使ってきた「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」の方が品質的には上と言った印象です。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

USB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの長さを更に短くするために、結束バンドで固定してみました。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを使ってみる

実際に「REALFORCE R3 キーボード ハイブリッド テンキーレス 30g 日本語配列 ホワイト R3HC23」で『LANO メカニカルキーボードケーブル』を使ってみました。

セット後は、このような感じとなります。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

これまでは中央側に向かって配線していたのですが、今回は右側に向かって配線してみました。

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

LANO メカニカルキーボードケーブルを導入する!

と言うのも、『LANO メカニカルキーボードケーブル』が意外と固く、中央側に向かって配線するとケーブル自体が傾いてしまうので、結果このようになってしまいました。

このスタイルの方が、如何にもメカニカルキーボードケーブルを使っている感があって気に入っています。

「EPOMAKER Macaron USB TPUメカニカルキーボードケーブル」よりもサイズ的に大きくなったので、ケーブル自体の存在感も増しました。

最後に

送料も掛からず2,000円台で購入できるメカニカルキーボードケーブルとしては、十分満足することが出来ると思います。

もう少し、USB Type-C端子(キーボードに挿す側)とコイルケーブル間までの直線の遊びが少ないタイプが販売してれればこんな苦労をしなくても済むのですが、なかなかメカニカルキーボードケーブル選びも難しいです。

今回の『LANO メカニカルキーボードケーブル』が気に入ったので、改めて別カラータイプも購入してみました。

また届いたら記事として掲載させて頂きます。

 

MASAa.netをご覧頂きありがとうございます!
もしMASAa.netの記事がお役に立てた場合、
下記【サポート】を頂くことで今後の記事制作に繋ぎます!

シェアする
※ 記事内には【広告】が含まれています
MASAa.net

コメント

【広告】