新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!

新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!
スポンサーリンク

新メイン機@自作PC

前回のエントリー記事で、新メイン機@自作PCの組み立てが完了し、WIndows 10インストール後無事起動することができました。

新メイン機@自作PCを組み立てる!
新メイン機@自作PCのパーツが全て揃ったので組み上げてみました。全てのPCパーツの装着と配線が完了後Windows 10をインストールし無事正常に起動することができました。と言うことで、新メイン機@自作PC組み立てについて書いたエントリー記事です。

初めてのMini-ITX及び久々の自作PC組み立てと言うことで若干手間取ってしまいましたが、新メイン機@自作PCのソフトウェア等の環境を整え徐々に稼働している状態です。

KURE(呉工業) 3012 CRC エレクトロニッククリーナー 380mlを購入する

前回のエントリー記事で少し触れましたが、CPU温度がBIOS画面で確認すると57℃を示しています。

その対策として、『AMD Ryzen 3700X リテール品CPUファン』から、昨年2018年9月に懸賞で当てた『簡易水冷CPUクーラー CORSAIR H60』に変更してみることにしました。

CORSAIR水冷一体型CPUクーラーH60が当たりました!
「CORSAIR社製CPUクーラーが最大10名様に当たる!」アスク Twitterキャンペーン(2018年8月10日(金)~2018年8月19日(日))に応募したところ、見事当選しました!と言う事で、当選について書いたエントリー記事です。

その際にCPUのグリスを綺麗にするために、これまでは消毒用エタノールを使っていたのですが、今回は『KURE(呉工業) 3012 CRC エレクトロニッククリーナー 380ml』を購入してみました。

『KURE(呉工業) 3012 CRC エレクトロニッククリーナー 380ml』とは、自動車のコネクター類、ハーネス、バッテリーターミナル、ヒューズボックス、センサー類、各種電気・電子機器のプリント基板や電源部、コネクター、各種アッセンブリーパーツ、ピンジャック、ソケット類の洗浄を行うことができます。

『KURE(呉工業) 3012 CRC エレクトロニッククリーナー 380ml』の特徴は、

プリント基板やセンサーなど、デリケートな部分に付着した油汚れなどをすばやく取り除くことができ、・速乾性で、残渣がなく、拭き取りが不要で、プラスチックにも使用することができます。

なお、缶を逆さにしてもスプレーできます。

となります。

1本有れば何かと使えそうです。

今回はヨドバシドットコムで購入しておきました。

新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!

CRC共通のデザインカラーです。

新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!

新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!

新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!

CPUクーラーを簡易水冷CPUクーラー CORSAIR H60に変更する

マザーボードからCPUクーラー、CPUを取り外し、今回購入した『KURE(呉工業) 3012 CRC エレクトロニッククリーナー 380ml』でグリスを取り除き、改めて『簡易水冷CPUクーラー CORSAIR H60』を取り付けて完了です。

新メイン機@自作PCのCPUファンをCORSAIR H60に変更する!

最後に

『簡易水冷CPUクーラー CORSAIR H60』に交換して『AMD Ryzen 3700X リテール品CPUファン』を装着していた時よりも確実に温度が下がりました。

と言うことで、温度が下がったのを確認することが出来たので、CPUクーラーについては『簡易水冷CPUクーラー CORSAIR H60』で当面様子を見ていくことにします。

 

見た目は『AMD Ryzen 3700X リテール品CPUファン』の派手なLEDが無くなったのは残念ですが、簡易水冷CPUクーラーの方がすっきりして良い感じです。

 

コメント