【Cocoon】MASAa.net導入のプラグイン環境 2021年度版

アイキャッチ画像 Cocoon
スポンサーリンク

MASAa.net導入のプラグインについて

このMASAa.netは、WordPressテーマ Cocoonを使って構築しています。

MASAa.net | WordPress blog site specialized in PC produce by masaa
このMASAa.netは、WordPressテーマのカスタマイズ、自作PC、ソフトウェア、ハードウェア、Windows、パソコンなどのあらゆるPC関連に関する情報を掲載しています。

このブログサイト MASAa.netを2018年9月25日に開設してから2年4ヶ月が経過しました。

そこで、今回「MASAa.net」のプラグインについて「プラグイン環境 2021年度版」としてまとめてみました。

プラグインとは?

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。

このプラグインを使うことで、標準のWordPressには無い機能を追加することが可能で、自分だけのWordPressとしてカスタマイズすることができます。

プラグインは多くの作者によって作られており、そのプラグインの用途や種類も千差万別で、同じ用途のプラグインでも人気度も違ってきます。

また、プラグインによっては表示速度が遅くなるので注意が必要です。

それらを見極めて自分のWordPressにインストールする必要が有ります。

導入しているプラグイン

現在、WordPressテーマ Cocoonで構築している「MASAa.net」で導入しているプラグインについては下記の通りとなっています。

スパム対策関連プラグイン(6種類)

  1. Akismet Anti-Spam(アンチスパム)
    コメントやトラックバックの内容をサーバーで自動的に判別するスパム対策サービスのアンチスパム対策プラグイン。
  2. Crazy Bone (狂骨)【※設定不要】
    ログイン・ログアウト時のユーザー名、日時、IPアドレス、ユーザーエージェントを記録し不正アクセスを対策するプラグイン。
  3. Invisible reCaptcha
    Googleが提供するスパム防止対策のサイト認証システムのプラグイン。
  4. Throws SPAM Away【※設定不要】
    コメント内に日本語の記述が無い場合、受け付けたように振る舞いながらも捨ててしまうスパム対策プラグイン。
  5. WP-Ban
    特定のIPアドレスを指定することで不正アクセスをブロックするプラグイン。
  6. AdSense Invalid Click Protector
    不正クリック対策(アドセンス狩り対策)を行うプラグイン。

メンテナンス関連プラグイン(4種類)

  1. Better Delete Revision
    WordPressの投稿履歴を保存するリビジョン機能に対し、溜まったリビジョンを消去するためのリビジョン削除プラグイン。
  2. Broken Link Checker
    過去記事のリンク切れチェックをするためのプラグイン。
  3. Custom Taxonomy Order【※設定不要】
    カテゴリーやタグの並び順を変更するためのプラグイン。
  4. Revision Control(リビジョンコントロール)
    記録するリビジョンの数を制限できるプラグイン。

SEO対策関連プラグイン(2種類)

  1. Google XML Sitemaps
    検索エンジン用のサイトマップを作成し、サイトマップ送信を自動化するプラグイン。
  2. PuSHPress【※設定不要】
    WordPressに記事を投稿とほぼ同時にリアルタイムでGoogleの検索エンジンにインデックスさせることができ、SEO対策として役に立つプラグイン。

表示関連プラグイン(1種類)

  1. WP Multibyte Patch【※設定不要】
    WordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張のプラグイン。WordPressをマルチバイト文字(1文字を2バイト以上で表現する文字)に最適化してくれます。

エディター関連プラグイン(2種類)

  1. Classic Editor【※設定不要】
    WordPressの旧エディターと、以前のスタイルの投稿編集画面レイアウト (TinyMCE、メタボックスなど) を有効化するプラグイン。
  2. Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)
    WordPressビジュアルエディタ拡張プラグイン。ブロックエディター (Gutenberg) とクラシックエディター (TinyMCE) を拡張、強化するプラグイン。

便利機能パックプラグイン(1種類)

  1. Jetpack by WordPress.com
    WordPressを利用する上で便利な機能をパックにしたプラグイン。トラフィックの増加、統計情報の表示、サイトのスピードアップ、攻撃者からのサイトの保護等を可能にします。

高速化プラグイン(2種類)

  1. Scripts-To-Footer
    JavaScriptの読み込みをフッターで行うプラグイン。
  2. WP Fastest Cache
    キャッシュ系プラグイン。

コンテンツ作成プラグイン(3種類)

  1. PS Auto Sitemap
    サイトマップページ(カテゴリ別に記事一覧)の自動生成プラグイン。
  2. Contact Form 7
    お問い合わせのフォームの作成と設定を行うプラグイン。
  3. WordPress Popular Posts
    人気な投稿をサイト上に表示するカスタマイズ豊富なウィジェットです。

最後に

WordPressテーマ Cocoonで構築しているブログサイト「MASAa.net」の「プラグイン環境 2021年度版」では21個のプラグインを導入しています。

前回2019年12月に掲載したプラグイン環境と比較するとほとんど変わっていません。

【Cocoon】MASAa.net導入のプラグイン環境(2019年12月)
このMASAa.netを2018年9月25日に開設してから1年が経過しました。その間でMASAa.netで使っているプラグインが幾つか変更となっています。と言う事で、現時点でのMASAa.netのプラグイン環境についてまとめてみました。

また、WordPressテーマ THE THOR(ザ・トール)で構築している「ZMASAa.blog」「MASAa.blog」のプラグインの数を比較すると2個少ないぐらいであまり差はありません。

【THE THOR】ZMASAa.blog導入のプラグイン環境 2021年度版
WordPressテーマ THE THOR(ザ・トール)で構築したサイトのプラグイン環境(スパム対策関連、メンテナンス関連、SEO対策関連、表示関連、エディター関連、便利機能パック、サイト高速化、コンテンツ作成)についてまとめた記事です。

自分の場合、これぐらいの数のプラグインが導入されていると便利且つ安心できると言うことでしょう。

コメント


スポンサーリンク
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセールBTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール