WordPress

【WordPress】「font-weight:500;」の勧め

アイキャッチ画像 WordPress
スポンサーリンク

フォントの太さの設定について

フォントの太さの指定は、通常、

  • normal(font-weight:normal;):標準の太さ
  • bold(font-weight:bold;):一般的な太字の太さ
  • lighter(font-weight:lighter;):親要素に指定された形式より一段階細くする
  • bolder(font-weight:bolder;) :親要素に指定された形式より一段階太くする

のキーワードで指定します。

また、

  • 100
  • 200
  • 300
  • 400
  • 500
  • 600
  • 700
  • 800
  • 900

の数値で、フォントの太さを9段間で指定することが出来ます。

通常フォントの場合は「font-weight:nomal;」で設定し、数値で400を指定した場合と同じになります。

また、強調フォントの場合は「font-weight:bold;」で設定し、数値で700を指定した場合と同じになります。

これまで通常フォントを設定する多くの場合は「nomal」と「bold」を使ってきたと思います。

「font-weight:500;」の勧め

ブログで内蔵フォント(游ゴシック体、ヒラギノ角ゴ、メイリオなど)を使用する場合、Google Fontsと違って若干薄く表示されてしまいます。

この薄く表示されたフォントを改善するために「font-weight:nomal;」を使用せずに、1段階上げて「font-weight:500;」で設定するとフォントが見やすくなります。

それが今回の題目で有る「font-weight:500; の勧め」です。

実際に「font-weight:nomal;」で設定されるとこのように表示されるのが、

【WordPress】font-weight:500; の勧め

「font-weight:500;」で設定すると若干くっきり感が出て読みやすくなります。

【WordPress】font-weight:500; の勧め

テーマCocoonでの「font-weight:500;」の設定方法

WordPressテーマ Cocoonでは、このフォントの太さを簡単に設定することが可能です。

「Cocoon設定」→「Cocoon設定」の「全体」タブで、「文字の太さ」項目から設定することが可能です。

デフォルトは400となっているので、

【WordPress】font-weight:500; の勧め

これをバーを右側に1段間スライドして「500」に設定すればOKです。

【WordPress】font-weight:500; の勧め

また、「style.css」に直接カスタマイズを行っている場合は、「font-weight:nomal;」を検索して「font-weight:500;」に設定し直しておく必要が有ります。

最後に

このブログは現在フォントを「font-weight:500;」に設定しています。

フォントの太さを一段感上げるだけで、かなり見やすくなり、ブログ自体も強調感が出るようになります。

但し、これまでの使ってきたフォント設定「font-weight:nomal;」は使えなくなるので、今後は新たに「font-weight:500;」で記述する癖を付けておく必要が有るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました