【ロリポップ!】PHPのバージョンを最新の7.1にする!

アイキャッチ画像 ロリポップ!
スポンサーリンク

ロリポップ!レンタルサーバー

このブログは、ロリポップ!レンタルサーバー上で動作しています。

2010年2月にロリポップ!レンタルサーバーを新規契約して以来使い続けています。

少しでもサイト表示を早くするためにロリポップ!レンタルサーバーのPHPを最新のバージョン7.1に上げてみることにしました。

PHPとは「Hypertext Preprocessor」の略で、Webページを作成するためのスクリプト言語になります。

そのPHPを実行するためにPHPがインストールされたWebサーバー必要となってきます。

今回PHPとは、そのWebサーバー(この場合ロリポップ!レンタルサーバー)のPHPのバージョンを表します。

2017年2月以降ロリポップ!レンタルサーバーを契約された方の場合、PHPのバージョンは7.1となっているようです。

しかし、自分の場合はそれ以前にロリポップ!レンタルサーバーに契約したため古いバージョンの状態となっています。

PHPのバージョンをチェックする

最初にロリポップ!レンタルサーバーで使っているPHPのバージョンをチェックしていきます。

  1. ロリポップ!レンタルサーバーにアクセスします。
  2. 「サーバーの管理・設定」を選択します。
  3. 「PHP設定」を選択します。

【ロリポップ!】PHPのバージョンを最新の7.1にする!

WordPressで使われているPHPのバージョンは「5.6(モジュール版)」になっていました。

モジュール版とCGI版の2種類が有りますが、違いは下記の通りです。

【ロリポップ!】PHPのバージョンを最新の7.1にする!

ここで注意する点があります。

それはモジュール版を使用できるのはスタンダードプラン及び、エンタープライズプランのみとなっていると言うことです。

ライトプランではCGI版のみの対応となっており、モジュール版を使えないので注意が必要です。

少しでもサイト表示を早くしたい場合には、スタンダートプランのステップアップを検討しましょう。

PHP 7.1(モジュール版)を申請する

今の状態では「PHP 7.1(モジュール版)」を使用することが出来ません。

また、「PHP 7.1(モジュール版)」を選択することも出来ません。

そこで「PHP 7.1(モジュール版)」使用できるようにするために、ロリポップ!レンタルサーバーのサポートのフォームから「PHP 7.1(モジュール版)」を申請する必要があります。

ロリポップ!レンタルサーバーのサポートのフォームから「PHP 7.1(モジュール版)に切り換え希望」と言う旨の連絡を行います。

自分の場合、

現在「PHP5.6(モジュール版)」が設定されているのですが、これを「PHP7.1(モジュール版)」に切り換え出来ないでしょうか?
お手数ですが、ご回答の程よろしくお願い致します。

と言う内容で問合せを行いました。

すると、すぐに担当者からサーバー移設希望日の確認がありました。

サーバー移設希望日とは、サーバー毎にPHPのバージョンが決まっているため、現在使っているサーバーから「PHP 7.1(モジュール版)」が使われているサーバーに変更する必要が有ると言う訳です。

そのサーバー移設希望日を第一希望から第三希望までを記入して、改めてサポートのフォームから連絡します。

その後サーバー移設日が決定され、後はサーバー移設日を待つだけです。

サーバー移設当日、サーバー移設が完了すると担当者から連絡があり、それ以降「PHP 7.1(モジュール版)」を使用することが出来るようになります。

PHP 7.1(モジュール版)に切り換える

改めて「PHP 7.1(モジュール版)」の設定を確認します。

  1. ロリポップ!レンタルサーバーにアクセスします。
  2. 「サーバーの管理・設定」を選択します。
  3. 「PHP設定」を選択します。
  4. バージョンの項目から「7.1(モジュール版)」を選択できることを確認します。
  5. ドメイン毎に「7.1(モジュール版)」の設定を行います。

【ロリポップ!】PHPのバージョンを最新の7.1にする!

最後に

これでロリポップ!レンタルサーバーのPHPを「7.1(モジュール版)」にバージョンアップすることが出来ました。

ロリポップ!レンタルサーバーのPHPを「7.1(モジュール版)」に切り換えたことにより、このMASAa.netの表示が少しでも早くなればと思います。

コメント