WordPress

【WordPress】最初に導入しておいた方が良いプラグイン

アイキャッチ画像 WordPress
スポンサーリンク

最初に導入しておいた方が良いプラグインについて

このエントリー記事は、前エントリー記事『【WordPress】WordPressの初期設定項目について』の続きです。

【WordPress】WordPressの初期設定項目について
WordPressテーマ導入後、行うことについて書いたエントリー記事です。内容はWordPressブログを始める前の設定項目(キャッチフレーズ、サイトアイコン、プロフィール、更新情報サービス)について自分なりにまとめてみました。

前エントリー記事でWordPressブログを始める前のWordPressの設定について行いましたが、このエントリー記事では、WordPressブログを始める前に導入しておいた方が良いプラグインについて自分なりにまとめてみました。

プラグインとは?

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。

このプラグインを使うことで、標準のWordPressには無い機能を追加することが可能で、自分だけのWordPressとしてカスタマイズすることができます。

プラグインは多くの作者によって作られており、そのプラグインの用途や種類も千差万別で、同じ用途のプラグインでも人気度も違ってきます。

また、プラグインによっては表示速度が遅くなるので注意が必要です。

それらを見極めて自分のWordPressにインストールする必要が有ります。

プラグイン

「WordPress プラグイン」辺りでネット検索するとそれこど多くの情報が出てくるので、ここでは今自分が導入しているプラグインについて紹介します。

自分が導入しているプラグイン

WordPressブログ開設と共に導入したプラグインと、今後導入する可能性の有るプラグインの紹介です。

スパム対策関連プラグイン
  • Akismet Anti-Spam
    コメントやトラックバックの内容をサーバーで自動的に判別するスパム対策サービスのアンチスパム対策プラグイン。
  • Crazy Bone【※設定不要】
    ログイン・ログアウト時のユーザー名、日時、IPアドレス、ユーザーエージェントを記録し不正アクセスを対策するプラグイン。
  • Invisible reCaptcha
    Googleが提供するスパム防止対策のサイト認証システムのプラグイン。
  • Throws SPAM Away【※設定不要】
    コメント内に日本語の記述が無い場合、受け付けたように振る舞いながらも捨ててしまうスパム対策プラグイン。
  • WP-Ban
    特定のIPアドレスを指定することで不正アクセスをブロックするプラグイン。
メンテナンス関連プラグイン
  • Better Delete Revision
    WordPressの投稿履歴を保存するリビジョン機能に対し、溜まったリビジョンを消去するためのリビジョン削除プラグイン。
  • Broken Link Checker
    過去記事のリンク切れチェックをするためのプラグイン。
  • Category Order and Taxonomy Terms Order【※設定不要】
    カテゴリーの並び替えを行うためのプラグイン。
  • Revision Control(リビジョンコントロール)
    記録するリビジョンの数を制限できるプラグイン。
SEO対策関連プラグイン
  • Google XML Sitemaps
    検索エンジン用のサイトマップを作成し、サイトマップ送信を自動化するプラグイン。
  • PuSHPress【※設定不要】
    WordPressに記事を投稿とほぼ同時にリアルタイムでGoogleの検索エンジンにインデックスさせることができ、SEO対策として役に立つプラグイン。
表示関連プラグイン
  • Table of Contents Plus
    自動的に目次を生成するプラグイン。(※WoredPressテーマ Cocoonにも同機能が有るためそちらを使う場合にインストールする必要はありません)
  • WP Multibyte Patch【※設定不要】
    WordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張のプラグイン。WordPressをマルチバイト文字(1文字を2バイト以上で表現する文字)に最適化してくれます。
エディター関連プラグイン
  • Classic Editor【※設定不要】
    WordPressの旧エディターと、以前のスタイルの投稿編集画面レイアウト (TinyMCE、メタボックスなど) を有効化するプラグイン。
  • TinyMCE Advanced
    WordPressビジュアルエディタ拡張プラグイン。ビジュアルエディタで利用できるボタンが増え、Microsoft Wordの使用感に近づけることが出来るプラグイン。
便利機能パックプラグイン
  • Jetpack by WordPress.com
    WordPressを利用する上で便利な機能をパックにしたプラグイン。トラフィックの増加、統計情報の表示、サイトのスピードアップ、攻撃者からのサイトの保護等を可能にします。
今後導入する可能性のあるプラグイン
  • 001 Prime Strategy Translate Accelerator
    WordPressで日本語表示するためのja.moという翻訳ファイルをキャッシュ化することで、WordPressのサイトや管理画面の日本語表示を速くするためのプラグイン。
  • AmazonJS
    アマゾンアソシエイト(アマゾンの商品情報)を簡単にエントリー記事内へ設定表示できるプラグイン。
  • Contact Form 7
    お問い合わせフォームプラグイン。
  • EWWW Image Optimizer
    画像を圧縮して画像データの容量を減らすことで、サイト表示を速くするためのプラグイン。
  • PS Auto Sitemap
    サイトマップページ(カテゴリ別に記事一覧)の自動生成プラグイン。

プラグイン導入について

  • スパム対策関連プラグインは、WordPressブログを守るためにも必ず導入するべきです。
  • メンテナンス関連プラグインは、最初は必要無いと思いますので必要に応じて導入すると良いでしょう。
  • SEO対策関連プラグインもスパム対策関連プラグインと同様に必ず導入するべきです。
  • 表示関連プラグインの「Table of Contents Plus」は、目次を生成するプラグインです。この機能はCocoonの標準機能として有るのでそちらを使うと良いと思います。自分の場合、「Table of Contents Plus」を以前からカスタマイズして使っていたので、そのままスライド的に導入しました。
  • 表示関連プラグインの「WP Multibyte Patch」は必ず導入しておきましょう。
  • エディター関連プラグインは必要に応じて導入しておきましょう。
  • 便利機能パックプラグインの「Jetpack by WordPress.com」も便利な機能が色々と入っているので、導入をお勧めします。

最後に

プラグインの設定については特に記載していませんが、プラグイン名で検索すると設定方法についての記事が沢山出てくるので問題無いでしょう。

今回のエントリー記事で、WordPressブログを始める前に導入しておいた方が良いプラグインのインストールが完了しました。

今回のエントリー記事をもってWordPressの設定が一通り完了しました。

これからWordPressのブログを本格的に始めることが出来ます!

コメント