ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

アイキャッチ画像 ロリポップ!
スポンサーリンク

Movable Type版MASAa.blog

2005年7月から運営している初代ブログサイトMASAa.blogがあります。

MASAa.blog
広島在中で女子高校生&女子中学生のパパしてます。自作PC&ガンダム&デジモノ&パズドラ&イオン好き。このブログはMovableTypeで構築公開中です!

この初代ブログサイトMASAa.blogのCMSはMovable Typeを使用しています。

既にWordPress版2代目ブログサイトMASAa.blogに移行したので、Movable Type版初代ブログサイトMASAa.blogに記事を掲載することは無くなりました。

一応、過去のことをチェックするためにMovable Type版初代ブログサイトMASAa.blogは残してます。

先日、久々にそのMovable Type版初代ブログサイトMASAa.blogでアーカイブを検索しようとしたところエラーが発生して検索することができませんでした。

原因を調べたところ、以前Lolipop(ロリポップ)のスタンダードプランのアップデートを行ったことで、データベース(MySQL)5.1では接続できないようになっていました。

また、全てのcgiファイルの1行目を「#!/usr/local/bin/perl -w」に書き換える必要性も発生しました。

このままにしておこかと思ったのですが、やはり不便なので対応することにしました。

全てのcgiファイルの1行目を「#!/usr/local/bin/perl -w」に変更するのは簡単に終わりました。

問題は、Lolipop(ロリポップ)サーバーのデータベースのバージョンアップです。

その方法としては少し面倒なのですが、新たにデータベースを作成してそこにデータを移動させるしか方法がないようです。

と言うことで、以下にその作業を行いました。

ロリポップのデータベースのバージョンアップ手順

それではLolipop(ロリポップ)のデータベースをバージョンアップする手順についてです。

なお、この方法はLolipop(ロリポップ)サーバーであれば、スタンダード以上のプラン(複数のMySQLデータベースが使えるブラン)でなければ行うことができません。

ロリポップ データベース

Lolipop(ロリポップ)サーバーにアクセスし、メニューから「データベース」を選びます。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

データベース設定画面に移動しました。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

移動先となる新しいデータベースの作成

先ずは移動先の新しいデータベースを作成するので【作成】を選びます。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

データベース作成画面に移動し、「作成するサーバー」と「データベース名」を入力し【作成】を選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

新しいデータベースが作成されました。

なお、必ずしも作成したデータベースが一番下の表示になるとは限らないのでデータベース名で確認します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

旧データベースのエクスポート(バックアップ)

次に古いデータベースのバックアップを行います。

古いデータベースの【操作する】を選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

このデータベースでよければ【phpMyAdminを開く】を選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

データベースの「ユーザ名」と「パスワード」入力し「サーバの選択」からサーバーを選び【実行】を選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

phpMyAdminの画面が開きます。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

左側のデータを選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

上のメニューから【エクスポート】を選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

【詳細】を選択し、「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する」にチェックを入れます。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

「作成するクエリの最大長」を【1000】と入力して【実行】を選択します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

しばらく待つと古いデータベースのバックアップが完了し、拡張子sqlのファイルが自分のパソコンに保存されました。

BigDumpを使ったデータベースのインポート

通常であれば、新しいデータベースに先ほどバックアップしたデータをインポートするだけで良いのですが、バックアップしたデータベースのサイズが大きいとインポートすることができません。

そこでそれを簡単にできるツール「BigDump: Staggered MySQL Dump Importer」を今回使用したいと思います。

BigDump: Staggered MySQL Dump Importer
Staggered import of large and huge MySQL Dumps even through the web servers with hard runtime limit and those in safe mode.

ツール「BigDump: Staggered MySQL Dump Importer」をダウンロードします。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

解凍すると「bigdump.php」ファイルが出来上がるので、その「bigdump.php」ファイルをテキストエディタで開きます。

「bigdump.php」ファイルの41行目から44行目までをデータ移行する新しいデータベースに合わせて設定します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

次に、この「bigdump.php」をサーバーで実行させるために、FTPソフトウェアを使ってアップロードします。

なお、「bigdump」フォルダを作成してそのファルだの中に「bigdump.php」をアップロードするのが良いでしょう。

同じく、最初にバックアップした古いデーターベースのファイルも同じ「bigdump」フォルダにアップロードします。

サーバーにアップロードした「bigdump.php」にアクセスします。

例:http://○○○.○○○○.○○/bigdump/bigdump.php

「BigDump」のツールが起動するので【Start Import】を選択してアップロードを開始します。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

新しいサーバーに古いデータベースのバックアップデータをアップロードが開始されるので終了するまで放置しておきます。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

アップロードが正常に完了するとこのような画面となります。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

最後に

忘れずにWordPressで有ればwp-config.phpを、Movable Typeで有ればmt-config.cgiを新しいサーバーに合わせて変更します。

正常にアップロード出来ていれば古いデータベースは削除してもOKです。

ロリポップのデータベースをバージョンアップする!

今回はMovable Typeのデータベースに対して行いましたが、WordPressも同様な手順でデータベースのバージョンをアップロードすることができます。

データベースは定期的にバックアップを取っておくと安心できます。

コメント


スポンサーリンク
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセールBTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール